焼肉

創作お肉料理が食べられる粉者牛師。人形町で鉄板焼きを食べてきました。

人形町に新しい鉄板焼き屋さんができたのでオープン日に行ってきました。

粉者牛師の雰囲気

人形町駅から徒歩3分くらいで小道に入ったところにお店がありました。
お店に入ると右にカウンター席、左には片側シートのテーブル席があります。
そしてテーブル席は縦長なので席をつなげれば大人数の宴会でも使えそうです。

一番奥に扉付きの個室があります。
こちらは1席しかないので個室がいい場合は予約をした方がいいかもですね。

私達はその一番奥にある個室の席に座りました。
小窓があり、オーダーもお料理・ドリンクもその小窓から出てきます。
これぞ完全個室ですね!

おまかせコース

単品メニュー種類豊富ですが、コースの他お任せ何品という頼み方も出来るので私達はお任せを頼んでみました。
その日によって内容が異なるようなので内容が気になる場合は聞いてみた方がいいかもしれません。

またメニューには「和牛の約束」とお店の意気込みが書かれた文章がありました。
何だかこれから出て来るお料理にワクワクします。

乾杯のドリンク

グレープフルーツサワーを注文しました。
サワーはワイングラスで出てきます。お洒落に乾杯ができますね♪

粉者サラダ

長芋に岩のりが混ぜられたサラダです。
海苔の香りが高く、少し味が濃いめなのでお酒にも合う味です。

国産あん肝と和牛のみぞれ和え

4人で行ったのですが全て食器の色が異なりました。
可愛い!

あんこうの上に牛肉と大根おろしが和えられものがのっており、天には芽ネギが彩られています。
味付けはほんのりで素材の味を楽しめる感じです。

和牛とホタルイカのなめろう

なめろうとは青魚を使った料理ですが、生姜や味噌、ねぎを和えているのでなめろう風ということなのだと思います。

大ぶりにカットされたホタルイカ、そして生姜が多めです。
そのままでも美味しかったですが、海苔と一緒に食べるとよりまとまった味になります。

和牛の肉絨毯

お皿いっぱいにい広げられた薄いお肉は圧巻の見た目です。
お肉の表面には味噌が塗られています。

こちらのお料理は焼くのではなく、そのままいただきます!
大量にのせられた紫キャベツのカイワレを巻き巻き。
薄い分、そのまま食べると消えてしまいそうですが、巻いている分きちんと食感が味わえます。
これは…美味しい!おかわりしたくなる味わいです!!

しんしんとサーロイン

しんしんは希少部位ですが、たっぷりいただける量で提供されました。
サーロインは脂が多く白米と一緒に食べたくなる感じです。
しんしんは上品な赤身で個人的にはしんしんの方が好き!
お塩とわさびでいただきました。

和牛と甘エビの巻き寿司

これまた魚介と和牛の組み合わせ。
韓国海苔の上に酢飯、和牛、甘エビ、芽ネギがのっています。
牛肉と海老の組み合わせは初めて食べる組み合わせ。
そしてこの2つが合います!食感も異なる組み合わせなので面白さもあります。
口に入れた時は和牛の味が勝つのですが、咀嚼していくと甘エビの味が強くなってきます。

抹茶のアイス

締めはアイスなのですが、枡に入っていました。

抹茶のアイスは口の中がさっぱりします。
お肉を食べた後って柑橘系のアイスが多いですが、抹茶もあうことがわかりました。

シンプルにお肉を楽しむのもいいですが、色んな創作料理も魅力的。
会社帰りの飲み会にもデートでも使い勝手が良さそうなお店でした。

創作鉄板 粉者牛師(うしし)

住所
東京都中央区日本橋人形町1-4-6 藤和ビル1F
電話番号
03-6661-1229

シェアいただけると励みになります

  • 2
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。