フードニュース

2018年からあげフェスティバル No.1 決定戦。優勝は「からあげ家 奥州いわい」

FOODee編集部より

FOODee編集部

本店は岩手県一関市室根町にあるお店ですが、秋葉原にもお店があります。
個人的にこちらのお店のファンで優勝を聞いてとても嬉しかったです。
美味しいですもんね!とてもおすすめのお店です♪


からあげフェスティバルとは

この度からあげフェスティバル実行委員会主催、 日本唐揚協会共催の『からあげフェスティバル No.1 決定戦』が2018 年 11 月 17 日・18 日に行われました。

からあげフェスティバルは毎年、日本各地(千葉、名古屋、京都、愛媛、広島、熊本、福 岡、中津、宮崎、鹿児島)で定期的に行われる「からあげ味比べ」イベントです。

出店資格は日本唐揚協会が年に一度主催するからあげグランプリで金賞以上を受賞したことのあるお店で一会場で約 20 店舗のお店が集い、開催地ごとに様々な催し物やゲストを招 き毎回大盛況なイベントになっております。
今回のからあげフェスティバル in 千葉では、全国1,400店ある唐揚げ専門店の中から日本一の唐揚げ専門店を決める初の試みとして、イオンモール木更津(予選)とイオンモール富津(決勝)の 2 会場合同イベントとして『からあげフェスティバル No.1 決定戦』を行いました。
2018 年 10 月 13 日(土)~14 日(日)に Part1 予選で 20 店舗中上位 10 店舗が選ばれ、
2018 年 11 月 17 日(土) ~18 日(日)に Part2 決勝(来場者 11,000 人)で、10 店舗の中から上位 3 店舗が表彰されました。

からあげフェスティバル No.1 決定戦の様子はこちら

からあげフェスティバルのイベント企画

からあげ盛り放題企画(限定100名様、各日10:30~13:00、参加費1,000円)
レプリカのからあげを、制限時間3分間の中で、トングでトレーに盛れるだけ盛り付け、盛った個数の分だけ10店舗中から好きな店舗の唐揚げを持ち帰れるという企画が実施されました。
(同一店舗のからあげは一人5個までのルールです。平均持ち帰り個数はおおよそ12~15粒くらいだったとのことです。)

からあげフェスティバル No.1 決定戦の優勝店舗

優 勝:からあげ家 奥州いわい(岩手)
準優勝:からあげ まんぷく亭(和歌山)
3 位:吉吾(きちご)(大分)

からあげ家 奥州いわいのからあげ

からあげ家 奥州いわい

2017年・2018年に実施されたからあげグランプリ・東日本しょうゆダレ部門で最高金賞を受賞しているお店で「からあげ家 奥州いわい」は4店舗あります。

店舗名:からあげ家 奥州いわい 秋葉原本店
所在地:東京都台東区浅草橋4-16-5染谷ビル1階
電話番号:03-3865-8181

店舗名:からあげ家 道の駅むろね店
所在地:岩手県一関市室根町折壁字向山131-4
電話番号:090-2954-9878

店舗名:からあげ家 気仙沼店
所在地:宮城県気仙沼市新城2丁目11-21
電話番号:090-2954-9868

店舗名:からあげ家 かわさき店
所在地:岩手県一関市川崎町薄衣字六反154-1
電話番号:080-8214-7537

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社オヤマ 催事部
〒029-1201 岩手県一関市室根町折壁字愛宕下161
TEL:0191-64-3510
FAX:0191-64-3567
E-mail:tatsuya2-o@kk-oyama.ecnet.jp

シェアいただけると励みになります

  • 4
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。