フードニュース

熟成肉ハンバーグ専門店THE GRILL TOKYO虎ノ門にオープン

PartnerRestaurant

FOODee編集部より

FOODee編集部

2018年11月25日東京都港区西新橋に新しくオープンした熟成肉専門店。こだわりにこだわった絶品ハンバーグが食べられるお店です。超粗挽きのハンバーグでお肉を食べている感がとっても強い!!糖質制限をされている方、健康志向な方にもとってもおすすめです!


THE GRILL TOKYO(ザ グリル トウキョウ)

RISE GATE株式会社(代表取締役:中村 大吾)は、2018年11月25日に熟成肉ハンバーグ専門店を提供するTHE GRILL TOKYO(ザ グリル トウキョウ)を東京都港区西新橋にオープンいたしました。

広尾にある発酵熟成肉「ビストロガストロス」の姉妹店

広尾で有名な発酵熟成肉を提供するビストロガストロスの姉妹店。
こちらで提供していたハンバーグが人気でハンバーグをお目当てに再来店をしてくださるお客様が多く、ハンバーグ専門店を出店した理由の一つにもなりました。
代表取締役の中村氏は過去の経験、そしてビストロガストロスで培った経験を元にこだわりにこだわったハンバーグにたどり着きました。

料理は科学。ハンバーグへのこだわり

ハンバーグの為に群馬県産黒毛和牛「赤城牛」を一頭買いし、しっかりとしたノウハウと環境で熟成させています。
熟成の過程でタンパク質がどの方向を向くかで味が決まる。
不飽和脂肪酸がどの段階でどれくらい増えるか。
また筋肉繊維はコラーゲンでくっついているのでそれがどの段階で分解されるかということがわかっています。
まさに科学。その科学を元に熟成させたお肉を使用したハンバーグなのです。
またお野菜は水耕栽培のものを使用いています。

ハンバーグに使用するつなぎは卵、玉ねぎ、パン粉など。いかにつなぎを少なくするか。お肉そのものが味わい深いので調味料をほぼ使わないように作っています。塩コショウとナツメグは1キロに対して2グラム。塩は全体の1.1%です。

食べるって楽しいこと

ハンバーグに使用されるお肉は、なぜ細かく挽くのか。
それはお肉の不純物の混入を防ぐ為です。
当店では肉の選別、いわゆる肉の掃除を職人がしっかり行っているので、粗挽きでも提供できます。
肉本来の良さをしっかり味わってもらうためには「肉を食べている」と感じるハンバーグを目指しました。

野菜もお肉も自分たちが美味いと思うものを出していったら、自然なものに近づいていきました。

どんな畜産状況下なのか?どんな畑なのか?
目で見て肌で感じて、舌で味わってきました。

お腹を満たすための食事なのか?それとも心と体を満たすための食事なのか?
これからも素材にこだわり、それをいかに活かすかを追求していきます。

THE GRILL TOKYO お店詳細情報

住所:東京都港区西新橋2-33-4 プレイアデ虎ノ門
電話番号:03-6721-5242
営業時間:
[月~金] ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)、ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] 11:00~23:00(L.O.22:00)

THE GRILL TOKYO -AGING MEAT HUMBURG-(ザ・グリルトウキョウ-エイジングミートハンバーグ-)

住所
東京都港区西新橋2-33-4 プレイアデ虎ノ門 1F
電話番号
03-6721-5242
URL
https://thegrilltokyo.jp

シェアいただけると励みになります

  • 2
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集部

FOODee編集部

食を楽しくするフードメディア「FOODee」は、“「美味しい」「楽しい」を通じて多くの「笑顔」を創造”の理念のもと、株式会社BNF(ビーエヌエフ)が運営しております。