ダイニングバー

フルーツ絞り器CAJYUTTAを使用している東京のお店(カジュッタ)

先日行ったダイニングバーにて「新感覚果汁絞り器カジュッタ」という名のグレープフルーツサワーがあったので飲んでみました。その見た目と美味しさに感動したのでご紹介します♪

カジュッタとは?

画像参照元:株式会社カジュッタ公式ホームページ

一言で言うと果物を絞る機械です。
皮を切らず(皮を剥かず)に果肉だけを絞ることが出来て、更に絞り終えたフルーツを器に出来るという優れものです。
ヘタと芯を取る→細い金属を刺す→中で刃が広がる→ハンドルを回すと中で果肉が絞られる。という仕組みです。
用途では主にグレープフルーツで紹介されることが多いですが、他のフルーツでも使うことができます。

カジュッタの価格・レンタル

こちらの商品、大変魅力的ですがその分高額です。
メーカー小売価格270,000円(税込)
2017年10月時点での最安値は楽天で送料込201,500円です。
しっかりと絞れるので生グレープを多量に使用してするお店などでは長期的に考えるとお得になるかもしれないですね。

しかし!こちらの料金にはヘタと芯を抜き取る器具はついていないです。
包丁でくり抜くのは結構大変…。それなのでくり抜き器も同時購入をする必要があると思われます。
また、果物を絞る刃物ユニットは消耗品です。
ざっくりとした目安ですが、1,000〜2,000回使用した場合にこのユニットを別途交換する必要があるようです。
こちらが20,000円前後と少々高額なので購入をする場合はそのようなことも考慮した方が良いと思われます。

その他には最大6日のレンタルがあります。イベントの際に良いかもしれないですね。

カジュッタで絞ったサワーを東京都渋谷区恵比寿で飲んでみた

今回行ってみたお店は東京都渋谷区恵比寿にある「AOYUZU」
こちらではグレープフルーツ・レモン・オレンジの3種類用意されています。

サワーが入ったグラスの上にカジュッタで絞った果汁が入ったグレープフルーツが皮ごとのせられています。
このカジュッタで絞られたグレープフルーツ果汁をしたのグラスに自分で注ぎます。
思わず動画を撮りたくなります♪

カジュッタ使用している東京のお店

2017年10月時点以下店舗で導入をしています。

Aoyuzu恵比寿
東京都渋谷区恵比寿1-8-14 大黒ビルB1

Bee SHIBUYA
東京都渋谷区道玄坂2-6-16 井門道玄坂ビル8F

ソ カフェ SONOKO銀座店
東京都中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル 1F

などなど…他千葉県でも複数店舗で取り扱いがあり、少しずつ導入店舗が増えてますね♪

カジュッタの販売元・製造元

カジュッタの製造元は長野県にある株式会社ヤマト。
そして販売元は株式会社カジュッタ。このヤマトとカジュッタの会社住所が同じです。
製造元と販売元はグループ会社ということです。

カジュッタの開発は株式会社ヤマトが地元の企業・大学の協力を得て開発期間3年で完成したそうです。
昭和39年創業、精密金属・プラスチックの切削部品を主な事業としている会社で、カジュッタは加工技術に長けた会社が作り
つくりだしたのだろうなと想像を巡らせてしまいます。

\ グルメなあなたに /

シェアいただけると励みになります

  • 2
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。

食べログRettyトリップアドバイザーYelpGoogleローカルビジネス