馬肉料理

名古屋市新栄町にある馬肉専門店。馬刺し・馬焼肉が最高にウマい!

馬肉…いや馬刺し大好きです。美味しい馬肉屋さんがあると聞くと行かない訳にはいきません!

馬肉専門店 蹄(ひづめ)の場所と雰囲気

お店の場所は新栄町駅から徒歩5分くらい、大通り沿いなのでとてもわかり易いところにあります。
栄駅の隣駅なのですが、栄まで歩いて行ける距離なのでこちらのお店スタート、そして栄駅方面へ飲み歩く予定できました。

お店の中はとても開けた感じでボックス席1つ、他片側ソファ席がありました。
何だかゆったりとした席配置です。

お店の入り口側から見るとカウンター席があるように見えないのですが、奥にカウンター席があります。
私達はそのカウンター席に座ったのですが、何だかお忍び感があっていい感じのお席です。(笑)

オカザえもんビール

ドリンクメニューを見ると「オカザえもんサイダー」と「オカザえもんビール」という見慣れないドリンクがありました。
これは…気になる。という訳でオカザえもんビールを注文してみました。
オカザえもんとは愛知県岡崎市の非公式キャラクターらしいです。
ゆるキャラはあまり詳しくないのでピンとこなかったのですが、ラベルを見て「これか!」と思いました。
見たことある!

こちらは愛知県で作られている地ビールなのだそうです。
味の主張が強くなく、すいすい飲めちゃいました。
結構レアなビールだと思うので気になる方は飲んでみてください♪

まずは馬レバー

今や食べられなくなったレバ刺し。しかし馬レバーなら刺しでも食べられます。
希少性が高いと聞いたことがありますが、こちらのお店でも例外ではない。
美味しいし数に限りがあるので早い者勝ちですね。

レバーの片面に玄米塩をつけて、反対側をごま油にぽちゃり。
食感は滑らかというよりも少しコリっとしてます。
全く臭みが無くて美味しい!

自家燻製のポテサラ

燻製と聞いたら頼まない訳にはいかないワタクシ。
なぜから自宅で燻製をやってしまうくらい燻製好きです。
お店に入った時にレジの横で燻製器みたいなものが見えたので店員さんに聞いてみると正解でした。
他メニューで「燻製」と名の付くメニューが無かったのでもしかするとこれだけの為にあの大きい燻製器!?

程よく食感が残っているポテサラ感想は「ガッツリ燻製!!」
しっかりスモーキーな味がするのですが、甘い味付けなので渋さはなくバランスの良いお味です。
生野菜多めに入っていて嬉しい。女性二人、サラダを頼まなくても調度良い量です。
サラダとして頼んでもいいですが、お酒のアテとしても良い燻製感でもあります。

ホルモン白みそ煮込み

ビックリする柔らかさのホルモンでした。噛み切れるとかそういう次元じゃない柔らかさです。
そして味噌と聞くと味が濃いのでは?と少し身構えるのですが、程よい味付け。
白みそは甘いですが、七味唐辛子がいいアクセントになっています。
これもお酒が進みますね〜。

待ってました!!馬刺し5点盛り合わせ

馬刺し盛り合わせは3点と5点があります。
2人なので3点でもいいかなぁとも思ったのですが、色んな部位を食べたい…ということで5点盛り合わせにしました。
提供時は店員さんが丁寧に部位の説明をしてくださったので食べる順を聞いてみました。
以下おすすめの食べる順です。

モモとコーネ(たてがみ)

コーネは馬のたてがみ部分で上質な脂が美容によいそうです。
そしてモモはクセがなくあっさりとした馬肉らしい部位。
両方共に焼きにむかず刺し身として食べるのが好ましいとのこと。

こちらの2部位を甘い九州醤油につけていただきます。
モモは柔らかく、コーネは独特の食感。前半はコーネを噛んでその独特な食感を楽しみ、後半は口の熱で少し溶かして食べてみました。
これが何とも美味!甘い!!口の中で相性の良いモモとコーデ、九州醤油は合わさって、食べ終わった後にも甘さが残ります。
コーネを食べたことが無い方は脂を生で食べるの?って思うかもしれませんが、決してコーネは油っこくないです。
これぞ馬料理の醍醐味です。

カイノミ

見た目はモモと似た色合いでサシも少ないです。
「ヒレとバラの間にある超希少部位。ヒレの柔らかさとバラの甘み融合した最高の部位。」と記載されていました。
厚切りでカットしてある、そしてサシがないのに恐ろしいくらい柔らかいです。
これ、薄切りにしたら直ぐに口の中で無くなってしまいそう、ってことで厚切りなのかな?
こちらもさっぱりなのに甘みが強い部位でした。

フタエゴ

フタエゴはよく食べる部位ですが、「めでたい部位」という説明をされました。
それは紅白だからなんだそうです。知らなかった!確かに脂と赤身は半々くらいですもんね。

他のモモやカイノミに比べると噛みごたえがありますが、噛めば噛むほど美味しい!

特選バラ

特選バラと普通のバラの違いを聞き忘れてしまいましたが、恐らくお腹側ではなくて内側の部分なのかな?
サシが多いですが、「牛バラと比べてあっさりとしているので脂に疲れた大人向け」と書かれていました。
良い謳い文句ですね!

そしてこんなにもサシが入った馬刺しはとても綺麗!!
見た目は脂っこい風に見えますがこれぞ馬肉の真骨頂。全然そんなことはありません。
口の中でホロホロ溶けていってしまい、他の部位も柔らかかったのですが、ちょっと柔らかさの質が違う。
これはおかわりしたくなる旨さです。

馬焼肉

馬刺しでも充分満足なのですが、こちらのお店で特徴的なのが「馬焼肉」と「馬しゃぶ」があることです。
女2人だったので両方は食べられない…ということで2部位のみ馬焼肉を注文しました。
馬焼肉を頼んだ理由はテーブルに陶板がセットされていたからです。

馬焼肉も3点と5点の盛り合わせがあります。迷った時は盛り合わせが良いかもですね。
そして単品も12品種あります。
メニューに赤字で書かれているのがレア、黒字で書かれているのがミディアムレア、そして実際に提供された時についている札にも赤と黒で分かれておりとてもわかり易いです。

焼肉とはいうものの刺しで食べられる超新鮮馬肉なんだそうです。
焼いた馬肉って何だか硬そうな印象を持っていますが、焼き方にはこつがあるそうで、最初に焼き方を教えてくれます。

レアでいただくヒレ

「ヒレは極上の赤身」と書かれていました。
表面をさっと焼いていただきます。
これもとっても柔らかい!!

店員さんから馬焼肉用のタレにつけて食べるのがおすすめとのこと。
タレはゴマたっぷりで酸味のあるものでした。
もともとさっぱりした馬肉ですが、タレを付けて食べることにより、よりあっさりましす。
タレを付けて食べるのも美味しいですが、私はお塩で食べる方が好みでした。

レアでいただくハラミ

ハラミもさっと焼きました。
柔らかいですがヒレよりは噛みごたえがありました。
脂がしっかりとしていて甘い!
こちらもお塩で食べる方が好みでした。

玄米塩

玄米塩というお塩は初めて見たのですが、見た目は塩というか粉です。
店員さんに聞いて見ると玄米とお塩が1対1なんだそうです。

お塩で馬肉を食べる場合はこちらのお塩を使用します。
今回こちらのお塩はレバ刺しと馬焼肉で使用しました。
塩気が抑えられているのでお肉にぺったりつけてもあまりしょっぱくない。
付けすぎて「しょっぱい」となりがちなことを防ぐ素敵塩です。

〆は桜にぎり寿し

〆は桜ゆっけ丼も引かれたのですが、握りにしてみました。

この握り寿司の中で私はハラミを食べました。
こちらもお塩でいただきます。
酢飯はお酢が強くてこれもまた馬肉に合います。
そして焼肉で食べたハラミよりも少し肉厚。
それなので一貫でも充分食べ応えがあります。
これまた美味〜!

馬肉専門店 蹄のすすめ

今回結構早めの時間帯に行ったのですが、カップル、女性同士、お一人様と様々なお客さんがいました。
もうちょっと遅い時間になると飲み会のお客さんとかもくるのかな。
ちらっと見てみると、常連さんは馬焼肉を単品で頼まれていたり、お一人様は馬刺しを食べていたりと頼み方も人それぞれ。

馬肉は低カロリー・低脂肪・低コレステロール・高たんぱく・高鉄分・ビタミンが豊富。
美味しいですし、美容を考えると馬肉は本当に最高の食材だなって思います。

今度は馬しゃぶしゃぶにも挑戦してみたいと思います!

馬肉料理専門店 蹄 名古屋新栄本店

住所
愛知県名古屋市中区東桜2-22-24 サンライズビル 1F
電話番号
052-325-3355

シェアいただけると励みになります

  • 4
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。