ドリンク

リプトン希少糖使用のライチティーはライチの香りが豊か

Lipton LycheeTeaは2017年10月10日より沖縄を除く全国で販売開始がされた商品です。

リプトンファンが選んだ秋に飲みたいライチティー

コンビニでリプトンの「ライチレモンティー」が新発売として陳列されていました。
ん?ライチティーって以前にも売っていたような?
ライチ好きの私がライチの過去商品を忘れる訳がない!と思い調べてみました。
すると「リプトン紙パック、ファンが選ぶ秋に飲みたいフルーツティー」として紹介されていました。

「リプトン ライチティー」は、メールマガジン「My Lipton」会員のリプトンファンが選んだ(※)秋に飲みたいフレーバーを採用し、希少糖入り、人工甘味料不使用のヘルシーなフルーツティーです。世界の茶の専門家・リプトンが厳選した香り高い紅茶とライチの甘さの、さわやかな味わいをお楽しみいただけます。
※当社調べ 2017 年3月 n=346(メールマガジン「My Lipton」会員)

転載元:森永乳業公式ホームページ

なるほど、復刻版ってことですね。

希少糖(レアシュガー)とは?

パッケージには希少糖の説明が記載されています。
「自然界にわずかな量しか存在しない糖の総称。健康価値に注目が集まり、研究が進んでいる。清涼感があり、やさしい甘いが特徴!」
希少糖って良く聞きますが、実際は定義を知りませんでした。

「自然界に存在量が少ない単糖とその誘導体」と国際希少糖学会で定義されているそうです。
そもそも国際希少糖学会ってなんだろう…?

2001年に設立された学会だそうです。
それまで希少糖の研究結果を発表する場が無かったらしく、日本の教授とフィンランドの教授と話し合いがされ、希少糖の学会を設立することが決まったそうです。
ちなみに本部は香川大学。
ほぼカロリーゼロの希少糖。もっとたくさん広まってほしい。
とうことで研究がもっと進むと良いですね!!

リプトンライチティーのお味

リプトンってレモンティーやミルクティーは飲み慣れましたが、基本「甘っ!!」という印象を受けることが多いです。
リプトンライティーはまず香りがとても良いです。
しっかりとライチの香りがする。
そして他の商品同様、甘いことは甘いのですが、嫌になる甘さではないというか「これはもはや砂糖水では?」という感じではないです。
これが希少糖であるが故なのでしょうか?
リプトンライチティー、これ好きです。

  • 甘さ
  • ライチ感
4

シェアいただけると励みになります

  • 1
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。