沖縄料理

「沖縄料理といえば!」が全て叶うお店。全てが沖縄に特化した八重洲にある沖縄料理屋

PartnerRestaurant

沖縄に行ったことがないのですが、沖縄料理が好きです。
特にラフテー!東京駅チカ八重洲に美味しい沖縄料理屋さんがあると聞きつけて行ってみました。

東京駅八重洲北口にあるうーみや

東京駅八重洲北口を出て少し歩いたところにいい感じの小道があり、そこを進むと一際目立つ外観の「うーみや」がありました。
提灯も目立ちますが、カジキのオブジェも気になる!!

お店は地下にあり、階段を下ると店内は思っていた以上に広くてびっくりしました。
テーブル席が大半をしめますが、お席には仕切りがありので周りを気にすることがなくていい。
そしてお座敷の席もあります。
装飾や壁の色が沖縄らしくて可愛いです!

音楽は沖縄出身の歌手が歌う曲が流れています。

酒豪伝説

席につくと可愛いシーサーの絵が書かれた箸袋、そして琉球酒豪伝説と書かれた小さな袋が置いてありました。
これは?テーブルチャージなのだと思われます。

パッケージには沖縄産ウコン100%と記載されていました。
これを飲んだら…お酒いっぱい飲めちゃいますね。(笑)

知念産の海ぶどう

沖縄料理と言えば「海ぶどうは頼まないとね」という会話から一品目は海ぶどうを注文。
そんなことを言いましたが実際、海ぶどうはそんなに食べたことがない…
しかしそんなに食べたことがなくてもわかる!こちらの海ぶどう美味しい、そして新鮮!!
柑橘系のタレと一緒に提供されましたが、何も付けなくても充分美味しい塩味です。
色もキレイだし、プチっと食感も良い感じです。

沖縄直送!ラフテー

こちらも沖縄料理屋にきたら食べたい一品、ラフテー。
「沖縄のおふくろの味ラフテーは煮込む時に泡盛を使うのが特徴」
とメニューに書いてありました。
へーそうだったのかラフテー!!
見た目は角煮ですが、角煮よりもさっぱりしている印象を受けるのはそういった調理方の違いがあるからなのかな?
そして煮崩れしていないのに柔らかいです。
油っぽさがないので脂身が苦手という方にもおすすめ。
そしてお酒にも合うし、美味しいし量が多い!コスパが高い一品です。

思わず「おかわり!」と言いたくなる餃子

通常メニューではなく恐らくおすすめメニューの餃子。
沖縄料理屋なので沖縄の食材を使った餃子なのだと思われます。
タレが2種類ついてきたのですが、まずはそのまま食べてみました。
そしてそれは正解!お肉の味が感じられてとってジューシー。
思わず「おかわり!」と言いたくなる美味しさでした。
そしてそのまま食べても美味しいですが、味噌ダレを付けても美味しい。
お酒も進む味ですが白米が食べたくなってしまいます。

豚タンスモーク

こちらは何を頼むか迷っているとスタッフの方が声をかけてくださり頼んだお料理です。
頼んで正解!とっても好きな味でした。
噛めば噛むほど旨味が口に広がり美味しくてずっと口の中にあって欲しいと思ってしまう。
そしてレモンを絞るとまた甘みが増したような気がしました。
これは…また来た時に頼みたい料理です。
特にビール党にはたまらないですね。

焼きソーキ

こちらもスタッフの方からのおすすめで注文しました。
ソーキってソーキそばのソーキ?
そもそも「ソーキ」が何を指すのかを知らなかったのですが、豚のあばら肉であることを知りました。

メニューには「じっくりことこと煮込んだ豚のあばら肉にあまからだれをかけ焼きめがつくまでこんがり焼きました。」と書いてありました。

箸で掴んでみると崩れてしまいそうな柔らかさ!
軟骨までとってもやわらかいのでまるごと食べられます。
そしてこの甘辛の味がより一層食欲を掻き立てられてこれまた白米が欲しくなりました。

車海老の唐揚げ

こちらも沖縄より直送している海老なのだそうです。
「頭からぱりっと召し上がれ」とメニューに書いてあったので頭、そして殻は取らずに丸ごと口に入れてみました。
殻ごと召し上げれと言われても実際は硬くて食べられない…ということを何回か経験したことがありますが、こちらの車海老は硬すぎず食感のよい海老でした。

そして甘い!海老をまるっと堪能出来ました。塩加減も絶妙です。
これまたお酒がすすむ逸品です。

生アセローラドリンク

メニューを見てとっても気になった生アセローラジュース。
アセロラではなくアセローラ?
気になって調べてみるとアセロラという発音で世に広まったそうなのですが、正式な発音はアセローラなのだそうです。
こちらはメニューに本部町産100%果汁を使用と書いてありました。
アセロラ好きなのですが、生アセロラは初体験。

お味は少々酸味があり、甘さ控えめ。そしてアセロラが濃いい!!
美味しい脂が食べられるお店なので焼酎やビールもいいですが、アセロラも沖縄料理に合うなと思いました。

沖縄そば

沖縄の〆といったらステーキ。と、聞いたことがありますが、私達は〆に沖縄そば(小)を注文しました。
たんまり沖縄料理を堪能してお腹いっぱいだったので小サイズがあるのが嬉しいです。

こちらは「地元のソバ屋から絶大な支持を受け続ける「亀そば」の麺をご賞味あれ。」と記載されていました。
少し味が濃いめですが、鰹だしが優しい。
たくさんお酒を飲んだ後でもあったのでほっこりしました。
お腹いっぱいと言っておきながらスープも飲み干して完食です!!

東京で沖縄料理屋と言ったらうーみや

今回うーみやに行ってこちらのお店は「沖縄を伝えたい」という気持ちがひしひしと伝わってきました。
メニューには産地や生産者のお名前や顔写真が載っていて、沖縄料理についても説明が丁寧に書かれている。
またお酒についても泡盛の種類がとにかく多い!
そして見たことがない沖縄のクラフトビールもたくさんありました。

お料理の種類も多いので何回でも行きたくなるお店だなと思いました。
スタッフの方々も沖縄出身の方が多いようでお話をしていて楽しいです。

次に行った時は「アグーしゃぶしゃぶ」や「ヒラヤーチー」も食べてみたいです。
ご馳走さまでした!

う~みや 東京駅前本店

住所
東京都中央区八重洲1-5-21 野田ビルB1F
電話番号
050-3542-6325
URL
http://umiya-tokyo.com

シェアいただけると励みになります

  • 1

「う~みや 東京駅前本店」の店舗ページ

「う~みや 東京駅前本店」の求人情報

  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。

コメント

Loading Facebook Comments ...

コメントする

CAPTCHA


No Trackbacks.