中華料理

ビール片手に美味しい餃子を!グルメな街西荻にある本格餃子屋さんギョウザマニア。

餃子って無性に食べたくなることがある料理の一つです。
ご飯とも合うし、お酒との相性も良い。そんな餃子が大好きです。

西荻窪にあるおしゃれな餃子専門店

餃子屋さんと聞いて、何となく中華屋さんをイメージしていきましたが、外観からおしゃれな雰囲気が漂っています。
そして、看板には「オーダーを受けてすぐさま皮を伸ばし餡を包んで出来たてを食す」と書いてありました。
ワクワクする♪

2名かけテーブル4席、カウンター9席で壁面には絵が書かれています。

そしてカウンター席の上には雰囲気のある札メニュー。
厨房真正面のカウンター席に座ると、餃子の皮を伸ばしている姿が見るかもしれません。
カウンターの端はU字型になっており、4人で座ることも可能です。
私達はそちらの席に座りました。

餃子専門店シンプルでわかりやすいメニュー

餃子専門店といってもおつまみメニューも豊富です。

生レモンサワー(430円)で乾杯!
この生レモンサワー、メニューには書いてないですがシャリキンでした。
たっぷりレモンが下に沈められており、その上にシャリ氷。
そしてスノースタイル。これはグイグイ飲めてしまいそうです。

おつまみメニュー「半熟のピータン」

メニューにイチオシと書かれていた半熟ピータン(420円)
イチオシと書かれてるメニューは基本食べたいのですが、ピータンが苦手…。
初めて食べた時感じたクセと見た目がどうしても苦手でした。

しかし今回で克服できました。
ギョウザマニアのピータンはクセがありませんでした。
黄身部分はトロっとしていて、白身部分はゼリーの様な食感です。

おつまみメニュー「黒酢のスペアリブ」

スペアリブ(580円)、こちらもメニューにイチオシと記載がありましたので注文をしました。
黒酢は学生時代に健康の為にと母に無理やり飲まされてから、ずっと苦手意識がありました。
しかしピータンに引き続き、このスペアリブで克服できた気がします。

少し独特な味がしますが、柔らかく甘酸っぱい。
脂のこってりさがお酢で中和されており豚の脂はちょっと苦手、という方にもおすすめです♪
骨部分を持ってかぶりついてしまいました。
こちらはご飯というよりお酒が進みます♪

店主のセンスが問われれる今月の餃子


中国・台湾では餃子は焼きはなく、水餃子というのは有名な話ですが、それだからかギョウザマニアは「水餃子」がメインです。
そんな種類豊富な水餃子から「今月の水餃子」を注文。
12月はしそでした。

スタンダードな水餃子にしそが添えられているのかな?と思ったのですが餡にもしそが入っています。
さっぱりしており、とても食べやすい一品でした。

水餃子「海老」

海老(420円)は私にとってマストメニュー!
まるごとではなく、カットされた海老がたくさん入っています。

やっぱり好きです!焼き餃子

水餃子を堪能した後は焼き餃子(380円)♪
やっぱり焼き餃子も好きです。

10年程前に某中華屋さんで働いていた経験があるのですが、その時餃子はとにかくあっつ熱の状態で出すようにと何度も指導されていたことを思い出しました。
なぜかと言うとギョウザマニアの餃子がビックリするくらい熱かったからです。
美味しい!皮もっちもち。
メニューに「キャベツの甘みでパクパクいけます」と書いてあったのですが、本当にパクパクいけちゃいます。
味がしっかりしているので他調味料などを付けずにそのまま食べることをおすすめします!

餃子用の調味料

テーブルには黒酢がセットされていました。
何でも本場では黒酢で食べるそうです。
しかし今回食べた餃子は全て何も付けなくても美味しくただけると思います。
ただ、黒酢で食べるとさっぱりするので餃子を何個でもいけちゃいそう♪

そしてラー油。手作りだそうで具がたくさん入っています。
餃子に合わせて食べるのもいいですが、個人的にはご飯を別途頼んで少しかけて食べるのも美味。
干し海老が入っていて風味が良いラー油でした。

ギョウザマニアのすすめ

餃子は水・揚・焼の3種類あり、水餃子が一番種類があります。
どの餃子も皮が厚めでもちもち。そして熱々。
全て4つ1皿なので2人で行ったら3種類くらい食べれそう♪
また何と言ってもコスパが良い!!
安いのです。

そしてギョウザマニアという店名なので餃子専門店と思いきや、サイドメニューも美味しい。
1品1品こだわりを感じます。
美味しさはもちろんのこと、日本の中華屋さんで使われていない調味料が使われているのではないかな?と思いました。
本場の味を追求されているのでは無いかと思うお料理の数々でした。

今回は3人で行きましたが、一皿が少なめなので色んな種類を楽しめました。
そして外観がオシャレなので女性1人でも行けるお店だなぁと思いました。
実際女性のお1人様がいらっしゃいました。
いいな…私ももう少し近くに住んでいれば…また来ますけどね!

ニンニクが使われていないのでデートでも良さそう。

お酒をがっつり飲みながら餃子とおつまみを、というのも良いですが
お酒1杯、餃子&ライスともう1品♪という感じでも来たいな、と思ったお店でした。

ご馳走様でした。

ギョウザ マニア (GYOZA MANIA)

住所
東京都杉並区西荻北3-20-12

シェアいただけると励みになります

  • 0
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。