コラム

幕張メッセフリーマケット2019年!幕張D1選手権の詳細をご紹介

毎年幕張メッセで実施される巨大フリーマーケット。その出店数が多いことからとても人気のイベントです。
今年がそのフリーマーケット内で初のグルメ企画「幕張D1(どんぶり)選手権」が実施されるとのことで試食会に参加して一足お先に食べてきました!

ピーアーク幕張メッセ“どきどき”フリーマーケットとは?

毎年幕張メッセで開催される超巨大フリーマーケット!
2019年で25回目の開催となるそうです。
3日間で20万人の来場者を誇る人気のイベントで、日替わりでの出店、今年はなんと3日間合計で約5,200店舗が出店するそうです!この出店数は過去最高!!
フリマだけではなく手作りアートマーケット・質流れブランド品コーナー、縁日横丁、企業出展、ライブパフォーマンス等…3日間行っても楽しめるイベントが目白押しです。

開催日:2019年5月3日〜5日
公式サイト:http://www.makuhari-dokidoki.com/
※bayfmスペシャルステージは5月5日のみ

幕張D1(どんぶり)選手権の詳細

そのようなイベント目白押しの中で今年初のグルメイベント「幕張D1(どんぶり)選手権」が実施されます。
千葉県各地の食材を使用したどんぶり8種類をワンコインで楽しめ、来場者投票でナンバーワインを決めるというもの。投票で一番人気に輝いたどんぶりは、幕張名物として幕張メッセのイベントやレストラン等で提供されるとのことです。
買い物を楽しみ小腹が空いたらどんぶりを食べて投票!これは楽しそう!!
また千葉県生まれ、千葉県育ちの私としてはナンバーワンがどちらのどんぶりになるか気になって仕方がありません!!

香取アボカドポークピーナッツソース丼

千葉県香取市のアボカドサンライズポーク使用の豚丼。千葉県産のピーナッツをペイストしたソースが使われているとのことです。
豚肉とピーナッツの組み合わせは斬新!!ピーナッツの香ばしさが豚の甘みをより引き立てたどんぶりです。

出店:Kene’s Diner(キッチンカー)

房総ハーブ鶏の親子丼

千葉県千葉市の銘柄鶏のもも肉を使用した親子丼。卵も千葉県産だそうです。
柔らかいだけではなく、しっかりと歯ごたえのある鶏肉で全体的に優しい味わいでした。

出店:シーサイドブルー(キッチンカー)

房州鴨川お刺身からあげ丼

千葉県鴨川市をはじめ、南房総で捕れた新鮮な魚介類を使用した唐揚げ丼です。
こちらは既に「第3回全国丼グランプリの海鮮丼部門」と「第10回からあげグランプリの素材バラエティ部門」で金賞を受賞しているそうです。その日仕入れた1番新鮮な食材を唐揚げにするとのことで、どの食材が使われた唐揚げかはその日のお楽しみ!

出店:浜茶屋太海

大綱牛ステーキ真紅の美鈴ソース丼

千葉県産の牛もも肉に千葉県大網白里市の「真紅の美鈴」というイチゴが使用されたソースをかけたステーキどんぶりです。
見た目も鮮やか!ソースにはバルサミコも使用されており添えられた山葵と一緒に食べると甘味・酸味・辛味が見事に調和したどんぶりでした。

出店:悠久

銚子焼きサバ丼

銚子港であがったさばを秘伝のタレに漬け込んで焼いたどんぶりです。
海に囲まれた千葉県ならではの具材はタレが甘くご飯がすすむどんぶりでした。

出店:はなまる食堂(キッチンカー)

幕張ホンビノスホワイトカレー丼

アメリカではクラムチャウダーにして食べられる貝をホワイトカレー仕立てにしたどんぶりです。
千葉県船橋市でお馴染みのホンビノス貝が使われており、思ったより辛さが引き立つカレーでした。

出店:お久亭

旭芋豚カルビ焼肉丼

千葉県産のイモ豚を使用した豚カルビどんぶりです。
こちらは子供から大人までみんな好きな味かと思います!

出店:BAN’S KITCHEN(キッチンカー)

東庄ホルモンマニア丼

千葉県香取郡東庄町のSPF豚。そちらのモツを秘伝のタレに漬け込んだモツどんぶりです。
甘辛く仕上げらたモツはご飯に合いますがお酒にも合いそうな味でした。

出店:千葉うまかっぺ屋(キッチンカー)

投票方法とナンバーワンの発表

どんぶりを購入すると1杯につきコインを1枚渡されるので、そちらのコインでお気に入りのどんぶりに投票するそうです。
ナンバーワンどんぶりの発表は2019年5月6日13時からbayfm番組「it!!」でベスト3を発表するとのことです。

自分が投票したどんぶりがナンバーワンになってほしいと思わずにはいられません!!
丼は小さめなので個人的には1人2・3杯は食べれそうと思いましたが、異なる丼を購入してシェアするのも良さそうです。

シェアいただけると励みになります

  • 2
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まりました。
それなのになぜかSE・一般事務・経理を経験。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、エンゲル係数が高い生活へ。
作る、見る、食べる、食べてもらうことが好き。

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。