オーセンティックバー

美味しいお酒と素敵な時間。博多・中洲の夜はBARで締め括る。

博多の夜。「最後はBarだよね〜。」なんて話しながら中洲の町をフラフラと歩いていると「お!何かいい感じのBarがあるよ!」とこちらのお店を発見。早速行ってみることに。

博多・中洲Bar Takedaの場所

お店は中洲川端駅から徒歩2・3分のところにあります。
中洲中央通りとであい橋通りが交差するところの角にセブンイレブンがあるのですが、そちらの2階にあります。

Bar Takedaの雰囲気

初めて入るBARってとってもワクワクします。

カウンターが数席あり、奥にテーブル席がありました。
そこには薔薇が飾られており何だかエロい。(笑)

私達は扉から一番離れたカウンター席に座ったのですが端には小さな水槽があり、いい雰囲気ですね。

フレッシュフルーツ「洋梨」のカクテル

バックバーを眺めているとウィスキーを頼みたくなるのですがここは我慢。

洋梨のカクテルを頼みました。
初めて行くBARでは、特に1杯目はカクテルを頼むように心がけています。
果実味があり甘さ控えめで1杯目にはとても良いカクテルでした。

おつまみは「燻製明太子」

せっかく博多に来たのであれば明太子を食べなければという安易な考えからこちらを注文しました。
個人的な趣味で燻製をやっていますが、まるごとではなくカットされた状態での明太燻製は初めて。
プレスしてから燻製させているのかしら?
箸を使わず、手で食べられる固さでした。

少し渋みがあるのですがしっかりと明太子の味。
アテに最高ですね。ただフルーツカクテルとは合いません。(笑)
これこそウィスキーを飲みたくなる味です。

締め括りは「モスコミュール」

今夜最後の一杯
悩んでいるとバーテンダー武田さんが「ジンジャーが効いたモスコミュールはいかがですか?」とおすすめしてくれました。
自宅でウォッカの生姜漬けをしてしまうくらい、濃ゆいジンジャーが大好きです。
「neo」というジンジャーエールを使っているとのこと。
今までたくさんのモスコミュールを飲んできましたが、「美味しい!」と思わず声を出してしまうくらいに好みでした。

博多の夜を一人で楽しむ

白のスーツを着こなしたバーテンダー武田さん。とっても素敵です。
Bar Takedaは7年前にこの地にお店を構えたそうです。

「長いのですね。」と言うと
「いえいえ、10年以上やってないと認めてもらえないのですよ。」とのこと。

私は福岡県に来るのは初めてで色々お聞きしたのですが色々快く教えて下さいました。
今回は2人で行きましたが、今度は一人で来て武田さんのカクテルを飲みながら色々とお話がしたいと思いました。

こういうお店って何年経っても忘れない。
次に中洲に来れるのは数ヶ月後なのか何年後なのかわからないですが、
Bar Takedaにまた行くと思います。

Bar Takeda(バー タケダ)

住所
福岡県福岡市博多区中洲3-7-10 若松ビル 2F
電話番号
092-282-5768

シェアいただけると励みになります

  • 1
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

グルメブロガー バーボンなつき

グルメブロガー バーボンなつき

将来の夢は「板前」から始まった人生
それなのになぜかSE・一般事務・経理と様々な経験をしてきました。
しかし飲食への熱い思いは留まることがなく、飲食業界に戻ってきました!

キャッチコピーは【胃の中に入るものは何でも好き。】
しかしピーマンは食べられません。

コメント

Loading Facebook Comments ...

コメントする

CAPTCHA


No Trackbacks.