ラーメン

【実食比較】尾道ラーメン超厳選6選!オススメや特徴を詳しく解説

1泊2日の尾道ラーメンの食べ歩きツアー行い、尾道ラーメンまみれの二日間を過ごしてきました。
その中でも特に美味しかったり特徴があったりした厳選された6店舗をご紹介いたします。

そもそも尾道ラーメンとは?

尾道ラーメンとは80年以上の歴史があり、元々は「朱華園」を開業した台湾出身の朱阿俊氏が提供したラーメンに始まったと言われています。
屋台から始まった朱阿俊氏のラーメン。そしてその頃、元船員だった日本人が作った「つたふじ」も古くから続く尾道ラーメンの名店です。

ちなみに、朱華園の二代目である壇上俊博氏は「ラーメン作りで父(朱阿俊)に教わったことはひとつもない」とインタビューで答えています。
現在の朱華園の中華そばは、父親の味を壇上が独自に研究、再現、改良したものになります。

現在の尾道ラーメンの特徴である醤油味。鶏ガラ。瀬戸の魚介。透き通ったスープ。背脂のミンチ。平打ち麺というスタイルは昭和30年〜40年頃に確立されたと言われております。

尾道ラーメンの最大の特徴は背脂に有ると言われており、関東地方の背脂チャッチャとは全く違う食感を感じることができます。

店舗によって揚げたり焼いたりと、独自の味付けをしたりしている背脂の旨味が澄んだ醤油味のスープを濃厚でコクのあるスープへと変化している尾道ラーメンを是非お楽しみください。

 

厳選6選

様々なタイプの尾道ラーメンを超厳選して6店舗のご紹介させていただきます。
ちなみに尾道ラーメン。量は通常のラーメンよりも気持ち少なめです。

そのため、尾道ラーメンをガッツリ楽しむのであれば2店舗や3店舗を一日で回るのもまた良し。もし一店舗に絞って伺うなら自分の好みのラーメン屋を是非探してみてください!

1.尾道ラーメン 丸ぼし

さっぱりとした薄めのスープながらも、濃厚でキリッとした醤油味と小魚系の出汁の味わい。そして、背脂のしっかりとした旨味を味わえるラーメンです。

バランスが良く、最近できたお店ながらも尾道ラーメンの良いところをしっかり集積させたようなラーメンは一度食べたらハマることマチガイナシ。

尾道ラーメン 丸ぼし
広島県尾道市土堂2-8-16
参考食レポ ⇒ 尾道ラーメン 丸ぼしで喉が渇かない尾道ラーメンに舌鼓!

2.尾道ラーメン 谷

濃厚な醤油感と強めの脂を楽しめる「たに」は尾道駅の駅前にあることもあってアクセスも抜群。

シンプルで飽きのこない味わいと、余韻に強い脂とコクを楽しめます。

尾道ラーメン たに 駅ビル店
広島県尾道市東御所町1-7 尾道駅ビル 1F
参考食レポ ⇒ 尾道ラーメン たに 駅ビル店で初めての「尾道ラーメン」を堪能!

3.フレンド

宇宙一美味しいラーメン!?
スープの味自体はかなり薄めでさっぱりとした醤油の味わいと背脂を味わえます。中毒性が高いシンプルなスープです。

特徴的なのは麺で、しっかりコシがあるうどんのような平打の麺はハマる人はドハマリしそうです。

フレンド
広島県尾道市尾崎本町12-10
参考食レポ ⇒  宇宙一おいしいラーメン!?フレンドの尾道ラーメンで癒やされる。

4.朱華園

ご存知!尾道ラーメンの元祖とも言えるラーメンです。
行列必至なので、行きたい方は夕方くらいかオープン前から並ぶことをおすすめします。ただ、回転は早いので見た目ほどは待ちません。

スープはかなり濃厚で飲みきれないほど(笑)強い旨味とバランスの良い醤油と脂を楽しめます。

朱華園
広島県尾道市十四日元町4-12
参考食レポ ⇒ 尾道ラーメンの原点「朱華園(しゅうかえん)」の中華そばを食べて尾道ラーメンの歴史を味わう。

5.くいしん坊 千両

アーケード街にある中華屋さんです。

いわゆる醤油ベースの中華そばに背脂を足して尾道ラーメンにしてしまったようなラーメンです。

万人に愛されるようなバランスの良い味わいと居酒屋メニューも充実していて、ゆっくり出来るラーメン屋さんです。

くいしんぼう千両
広島県尾道市土堂1-1-10
参考食レポ ⇒ アーケード街の尾道ラーメン「くいしん坊 千両」で温かみを感じる 

6.つたふじ

行列必至のラーメン屋さんです。席数も少なく回転率も悪いので要注意。

背脂は小さめですが、かなり脂が強いラーメンで、醤油とともに魚介系の味わいも感じられます。
醤油感よりもまったりとした強い旨味が楽しめるラーメンです。

つたふじ
広島県尾道市土堂2-10-17
参考食レポ ⇒ こってり系尾道ラーメン「つたふじ」はまったりコッテリな味わい。

まとめ

尾道駅近辺で20店舗以上あると言われている尾道ラーメンを超厳選して6店舗紹介をしてみました。

老舗から新店まで。コッテリマッタリ系から、さっぱり系まで様々なラーメンがあります。

強い醤油と背脂の旨味を味わうのなら丸ぼしがオススメ。駅チカでさっと本格的な味わうのであればたにが。さっぱり系が好みならフレンドをオススメします。
とにかく老舗の味を味わってみたいのであれば並ぶの覚悟で朱華園。家族でゆっくりと食べるならくいしん坊 千両で。そして、コッテリマッタリ系はつたふじがおすすめです。

同じ尾道ラーメンでも店舗によってその表情を大きく変える尾道ラーメン。
もしも旅行などで尾道に行く際は尾道がうんだ歴史あるラーメンとその進化をお楽しみください。

 

 

 

シェアいただけると励みになります

  • 3
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長。フードブロガー。
株式会社BNF 代表取締役。
元IT会社の経営者。
熟成寿司専門店 優雅、飲食業界専門のクラウドファンディング Foobee 、FOODee IM