フードニュース

格之進のハンバーグランチが千葉県船橋市でも食べられる!Cafe & BAR BellB でハンバーグランチスタート

FOODee編集部より

FOODee編集部

FOODee編集部でも実際に食べてみましたが、肉汁がじゅわーーっと広がってとってもジューシーです。

思わずおかわりしたくなりました。


船橋で格之進のハンバーグを食べることが出来ます。

千葉県船橋市にある Cafe & BAR BellB で、岩手県一関市に本社があり、六本木を中心に店舗展開をしている熟成肉で有名な格之進のハンバーグの提供を開始いたしました。

格之進のハンバーグ

株式会社門崎 公式サイトより

牛肉は、黒毛和牛を中心とした国産牛肉。豚肉は、岩手県花巻市が誇る幻のブランド豚「白金豚」。
つなぎの原材料も、地場産品にこだわりました。

格之進のハンバーグは、自然豊かな環境から生み出された生産者の顔が見える確かな原材料と技術と情熱で作っております。
原料の牛肉は生産から見極め、格之進が厳選した黒毛和牛を中心とした国産牛肉を使用し、豚肉は飼育からこだわったきめ細かくしっとりとした岩手県花巻市が誇る幻のブランド豚「白金豚」を使用しております。また、つなぎとして使用している鶏卵、牛乳なども岩手県産の地場産品のみを使用しております。

端肉ではありません。
ハンバーグのために肉を選定しています。

一般的に販売されているハンバーグは、焼肉やステーキ等の精肉商品としてカットした際に出る余った端肉を使用して挽肉にする事が多いのですが、格之進では、ハンバーグの為に原料の選定を行っております。挽き材に使う部位、赤身と脂のバランス、肉の状態を見定め、品質の偏りがおきないよう丁寧に生産しております。

塩麹

化学調味料は使わない。
天然素材の調味料「塩麹」をオリジナルで開発しました。

味の決め手となっているのは、格之進オリジナルの「純天然 純天然 オール岩手の塩麹(※1)」です。
格之進では化学調味料は使用せず、岩手で生産された原料を使用した天然の調味料である「塩麹」を創り出し、体にやさしい商品づくりを飲食店の品質基準で生産しております。

Cafe &BAR BellB

Cafe & BAR BellB ではランチでもグランドメニューでも格之進のハンバーグを販売しております。

ランチは税込み1300円で、ライス、サラダ、マッシュポテト、ソフトドリンク付き。
ハンバーグのソースは、おろしポン酢、おろししょうゆ、クリームソースの三種類の味からお選びいただけます。

ジューシーな肉汁たっぷりのハンバーグをご賞味いただけます。

Cafe & BAR BellB

住所
千葉県船橋市本町1-12-22 3F
電話番号
047-401-4242

シェアいただけると励みになります

  • 3
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長。フードブロガー。
株式会社BNF 代表取締役。
元IT会社の経営者。
熟成寿司専門店 優雅、Cafe & BAR BellB の経営、飲食業界専門のクラウドファンディング Foobee の経営。

コメント

Loading Facebook Comments ...

コメントする

CAPTCHA


No Trackbacks.