イタリアン

【BOSCO】四街道に超本格的なピザ屋さんが誕生!バリアフリーでオシャレなピッツェリア

FOODee 編集長のアカヌマです。ピザか。ピッツァか。どっちでもいいじゃん?って。いやいや、ちゃんと意味があるんですよ。

ピザとピッツァの違い

ちなみに、ピザとピッツァの違いってご存知ですか?ピッツァなんてシャレオツに言いやがって。全部ピザでいいじゃんって思ってた時期が僕にもありました。

でも、ピッツァには明確な定義があるんです。

イタリア生まれのピッツァは、石窯で焼いたものしかピッツァと認められません。生地の裏側にこんがりとした焼き色がつくのがポイントで、基本的には切れ目のない状態で提供され、ナイフとフォークでいただくんだそうです。

アメリカ生まれのピザは厚いふわふわの生地がベース。オーブンを使って焼き上げられます。イタリア系移民がアメリカで広め、独自の進化を遂げました。

本格的なピッツェリア BOSCO

オーナー店主の伊藤さんがイタリアで修行をしてきたということもあって、BOSCOさんでは本格的なピッツァを食べることができます。

チーズもわざわざイタリアから空輸してフレッシュなチーズを使っているというコダワリっぷりです。

また、伊藤さんが事故で足を切断していることもあり、車椅子時代(現在は義足)の経験からバリアフリーに力を入れており、車椅子の方でもストレスなく過ごすことができるお店です。

ランチ食べてみました。

オープン直後のため、まだランチ営業のみということですが、早速ランチを食べてみました。

New Zealand産 オーガニックソーダ ブラックカラウント(カシス)

まずは初めて飲むノンアルコールドリンクがあったので頼んでみました。

オーガニックソーダ。カシスのジュースですが、甘すぎず、シッカリ食事に合います。赤ワインとまで言ってしまうのは大げさですが、カシスなこともあってワインのような深みのある味わいでした。

ランチのスープ

どうやらピッツァにはスープがついてくるようです。

新玉とじゃがいものスープです。

生ハムで出汁をとっているということですが、塩っ気とかすかな風味を出すために使ったのだと思われます。あまり強い生ハム感は感じられませんでした。

たまたま暑い日だったので、冷製スープはいい感じで身体を冷やしてくれました。

マルゲリータ

まずは定番のマルゲリータ!

外側はサクッとしていて、ちゃんともっちりした生地で、チーズの美味しさをシッカリ感じることができます。

チーズは濃厚というよりは上品な感じで、いくらでも食べれそうなくらいです。

本日のピッツァ きのこと自家製サルシッチャのPizza

日替わりの Pizza も頼んでみました。

自家製のサルシッチャ(ソーセージ)とをまぶしたキノコのPizza です。

きのこの旨味がよく伝わる旨味がいっぱいの Pizza です。これはキノコ好きにはたまらないですね。

サルシッチャはもっと量が欲しかったくらい美味!
これ単体でも食べてみたくなりますね。

クアトロフォルマッジ + はちみつ

そしてデザート変わりのクアトロフォルマッジ。

チーズの旨味を存分に楽しめますが、今回はこれに +100円でオーダーできるハチミツをオーダー。

ハチミツは思ったより量があるのでたっぷりつけられます。

うーん!これはマチガイナイ美味しさ!

いくらでも食べれてしまいそうな勢い。チーズの複雑味がある旨味とはちみつの甘さが絶妙にマッチします。

大変美味しくいただきました!

ごちそうさまでした。

シェアいただけると励みになります

  • 2
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長。フードブロガー。
株式会社BNF 代表取締役。
元IT会社の経営者。
熟成寿司専門店 優雅、飲食業界専門のクラウドファンディング Foobee 、FOODee IM