フードニュース

溝の口の新ランドマーク「OKKA 634」に「Herb Diner & Bar ジャックポット」がオープン!

FOODee編集部より

FOODee編集部

ジャックポットさんといえば牡蠣がとっても魅力的なのですが、神奈川県川崎市の新しいランドマーク「OKKA 634」にテラス席含めて110席という大型店舗の登場です!

ニュー・アメリカン・キュイジーヌという日本ではまだまだ新しいジャンルの新業態へのチャレンジということで期待大ですね。


ルーフトップの自然派ガーデンレストランが、溝の口の新ランドマーク「OKKA 634」にOPEN!専用オーブンで調理するハーブ鶏ローストチキンや自家製パンがオススメ!

和食、イタリアン、かき小屋などの飲食店を展開している、株式会社ジャックポットプランニングは、2017年10月12日(木)、営業開始50年の節目にリニューアルした、溝の口のランドマーク、ムサシボウル7F(OKKA634)に新業態「Herb Diner & Barジャックポット」をオープン致します。

Herb Diner & Bar ジャックポットとは

ニュー・アメリカン・キュイジーヌを提供する新業態。開放感のあるテラス席や象徴的なカウンター席、ボックス席等、様々なシーンで利用可能なお席をご用意しております。20〜30代女性をメインターゲットと捉え、平日ランチタイムは周辺ビジネスマンやOL、さらにお子様連れのママ層の取り込みも想定。ディナータイムはバーテンダーやソムリエも在籍しており、大切な記念日や、お祝い事での利用にも対応致します。

ニュー・アメリカン・キュイジーヌとは

近年、アメリカ本国でも急激に増えている〝ニュー・アメリカン・キュイジーヌ〟とカテゴリされるレストラン。
〝ニュー・アメリカン・キュイジーヌ〟とは、80年代くらいまでの移民国家が作り上げた、伝統的なアメリカ料理に、フレンチを中心とした他国の調理技術や食材を改めて取り入れる事で新しさを出し、これまでのアメリカ料理よりヘルシーさや自然派という意識を加味した料理の事を指します。

こだわりのメニュー

店内には、3タイプの本格的なオーブンを設置。密閉された庫内で調理する事で、素材からの水分の蒸発が少なく、ジューシーで軟らかく仕上がります。ローストチキンや自家製パン、季節の野菜や魚介類等、店内調理による本格的で出来立ての料理をご堪能下さい。

・小やりいかアヒージョ ブレットSet:1,000円、単品:680円
小やりいかのガーリックオイル煮。店内のオーブンで焼いた自家製パンと共にお召し上がり下さい。

・ハーブ鶏ローストチキン フルサイズ:3,000円、ハーフ:1,600円
ローストチキン専用のオーブンでじっくり焼いた、当店イチオシメニューです。

・Baked OYSTER 5種盛合せ:1,200円
ガーリックバター焼き、ウニバター焼き、ベーコンクリームグラタン、アンチョビバター焼き、
ガーリック味噌クリーム焼き

Herb Diner & Bar ジャックポット溝の口

住所
神奈川県川崎市高津区溝口1-11-8 OKKA 634ビル7F
電話番号
044-328-5593
URL
https://www.facebook.com/jackpot.mizonokuchi/

シェアいただけると励みになります

  • 4
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集部

FOODee編集部

食を楽しくするフードメディア「FOODee」は、“「美味しい」「楽しい」を通じて多くの「笑顔」を創造”の理念のもと、株式会社BNF(ビーエヌエフ)が運営しております。