鰻 -うなぎ-

名古屋駅近くの駅チカで「ひつまぶしランチ」で大満足♪

FOODee編集長アカヌマです。

名古屋と言えば「ひつまぶし」ですよね。ひつまぶし。
とはいえ、最早全国どこでも食べれるくらいに世の中に浸透してしまいましたが、それでもせっかく名古屋に来たのであれば食べたくなるもの。

色々と調べた挙句決めたお店は「ひつまぶし 稲生(いのう)」というお店です。

ひつまぶし 稲生(いのう)エスカ店

エスカという名古屋駅地下にあるお店なのですが、大きな暖簾がなんとも言えない素敵な雰囲気を醸し出しています。

ちなみに行列とまではいかないですが、それなりにやっぱり店外で待つ形になります。

店外にこんな看板があるので待ってる間に見ますが、名古屋独特の・・・というこの食べ方はいつのまに全国区で定番になったのか興味深いところでもありますね。

上ひつまぶし

頼んだのは上ひつまぶしです。器に1段で乗り切らないくらいのガッツリの鰻重とお吸い物。ネギとワサビの薬味。お出汁に漬物。取り分け用の器が出てきます。

ザひつまぶし!という感じで期待が膨らみますね。

ひつまぶし 一杯目(うな重)

先ずはそのまま頂きます。

鰻はカリッとした焼きめが特徴の食感で、鰻の旨みとタレの甘味。かすかな焦げ目の苦味がマッチして実に美味しく頂けました。

ひつまぶし 二杯目(薬味)

薬味を加えるとこれまた違う味わい。

ワサビとネギの風味が実にこのカリッと濃厚な風味をさらに強化してくれているのです。これは美味しい!

ひつまぶし 三杯目(お出汁)

出汁は上品な感じでちょい濃いめなのですが、鰻の焦げ目が出しに移ってしまい、なんか苦味を強く感じる出汁に変化してしまいました。

出汁そのものは美味しかったのですが・・・鰻を入れすぎてしまったのもあって苦味が強い。鰻をほんのちょっと。出汁とご飯を多めに食べると美味しく頂けると思います。

何が一番美味しいか

完全に好みだとは思いますが、僕は二杯目に食べた薬味が美味しかったので、薬味をお代わり(薬味と出汁はお代わり可能です)して大量の薬味で最後の一杯をいただきました。

名古屋飯を堪能できて大満足のランチでした。

  • ひつまぶし 一杯目(うな重)
  • ひつまぶし 二杯目(薬味)
  • ひつまぶし 三杯目(お出汁)
4

ひつまぶし

いろいろな味を楽しめますが、自分の好みの味を早めに見つけて、好きな食べ方でたくさん食べた方が良いと思います。
お出汁はそのまま飲んだときと、鰻と食べたときとでまるで印象が変わりますので要注意です。

シェアいただけると励みになります

  • 2

Warning: Use of undefined constant ID - assumed 'ID' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/bnmp/foodee.jp/public_html/wp/wp-content/themes/voice-child/single.php on line 40

「ひつまぶし 稲生 エスカ店」の店舗ページ

「ひつまぶし 稲生 エスカ店」の関連記事

  • 広告掲載・取材依頼

この記事の執筆者

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長。フードブロガー。
株式会社BNF 代表取締役。
元IT会社の経営者。
熟成寿司専門店 優雅、飲食業界専門のクラウドファンディング Foobee 、FOODee IM