丼もの

「和彩 八倉」小町通りの王道鎌倉ランチ

6月は祝日がないので、当然3連休もありません。
旅行をするなら、日帰りや1泊2日で楽しめる近場になる方も多いのでは?
関東在住の私にとって近場の旅行先と言えば鎌倉です。

ということで、今月は鎌倉のごはんを多めにご紹介します!

鎌倉のランチ事情

鎌倉には、多くの食べ歩きスポット、歴史的建造物、海など多くの見どころがあります。
散策に食べ歩きに、鎌倉では歩くことがたくさん。
楽しいけれど、疲れちゃうことも否めません。

だからこそ、ランチの時くらいはイスに腰掛けてゆっくりしたいものです。
せっかくランチするなら、食べ物がおいしくて、雰囲気が落ち着いているところがいい人もいるかと思います。
それに、場所が分かりやすいところにあると、なおさら嬉しいですよね。

今回は、そんな欲張りな方のために、

・鎌倉の王道ランチが楽しめる
・味も美味しい
・落ち着ける雰囲気
・小町通りにあるからアクセス楽ちん

これら全てを満たしたごはん屋さんをご紹介します。

アクセス楽ちん

鎌倉駅に着いてから、まずは小町通りに向かう人がほとんどだと思います。

今回ご紹介するお店は小町通りにあるので、お昼ごはんを食べようと思ったらいつでも行けちゃいます。
(住所は記事の終わりに記載されているので、詳しくはそちらを参考にしてくださいね。)

小町通りをひたすらまっすぐ歩くと左側にこのような旗があります。

旗を目印に左に曲がるとこのような景色が見えます。

何歩か歩くとお店に辿り着きます。

こちらののれんをくぐると・・・

も、木材!!

お店の中に入った瞬間、ここは日頃の疲れを癒してくれる空間だと感じました。

木のいい香りがして心が落ち着きます。
まさに自然のアロマです。

さらに、バイオリンの音楽が流れていました。
なんて落ち着く環境でしょう。

癒される内装、木のいい香り、落ち着く音楽・・・
視覚、嗅覚、そして聴覚が癒されまくりです。

残りは味覚!
メインは食事ですからね!

鎌倉野菜天丼

今回私が頼んだものは「鎌倉野菜天丼」です。
ただの野菜の天丼ではなく、鎌倉の地野菜を使っているところに魅力を感じました。

天ぷらの種類はとっても豊富です。
全てではないですが、覚えている種類はこちら。

にんじん
ネギ
翠の野菜
しいたけ
かぶ
紫のさつまいも
たけのこ
黄色い瓜
あとはナスっぽいなにか、、、

みずみずしい野菜が多い印象でした!

斬新だと思った天ぷらはこちら。

写真から何の野菜か分かりますか・・・?
なんと、ネギの天ぷらなんです!

「なんでも天ぷらにしちゃう精神」のようなものを感じました。

私が個人的に気になった天ぷらはこちら。
リボン状でかわいいです。

葉野菜というのは間違いない。
でも何の野菜かまでは分からない・・・

八倉名物しらす丼

続いてはしらす丼です。
こちらは一緒に来てくれた相方が注文したものです。
少し分けてもらいました!

見てください!このしらすの量!
惜しみなくしらすを満喫することができます。

いただいた一口目の感想は
「ふわふわ!!」

しらすって実はふわふわしてるんですよ!!
このふわふわな食感がたまりません!
やはり新鮮なものは別格ですね。
今まではスーパーに売っている、しんなりしたしらすしか知らなかったので、この食感に感動しました。

たっぷりのしらすとトッピングのシソを
温かいごはんと一緒に食べると、
「あー!これぞ鎌倉!」
と感じました。

まさに自然の恵をいただいています。
このしらすを私の目の前まで届けてくれた漁師さん、料理人さん、皆さんに感謝したくなりました。
新鮮で美味しいものを食べていると、食に対するありがたみが増します。

「八倉名物しらす丼」という名前にも付いている通り、
「名物」の釜揚げしらす丼です。
数多くのメニューから何を頼んだらいいか迷ったら、とりあえずこれを頼めば間違いないです。

茶碗蒸し

添えてある料理も美味しい!
茶碗蒸しは影の主役です。

がっつり丼ぶりを食べていると少し飽きてくるもの。
そんな時のやさしい箸休めにもなります。

雰囲気

さてさて。
私が飲食店で重要視する「雰囲気」ですが、なかなかいい雰囲気でした。

こちらのお店は2階建になっているのですが、今回は1階で満喫しました。
写真は1階のものです。

木材の温かい雰囲気が基調になっているので癒されます。

そして見てください、この伝票!

伝票まで木材!
ほっこりします。

細部にまでこだわっていますね。

和彩八倉 小町通り店

住所
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-7-28
電話番号
0467-61-3070
URL
http://eight-8.co.jp/cms/shops/kanagawa/kamakura/yakura.html

シェアいただけると励みになります

  • 0
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

Yonri

Yonri

社会人1年目。
平日は会社員、早朝と週末はFOODeeのライター。
書くことが好き。食べることはそれ以上に好きかも。