レトルト食品

大阪のソウルフード!?グリコの「どて焼き丼」牛すじの甘辛だれ煮込みを食べました。

大阪食い倒れツアーに行きたいです。アカヌマです。

大阪のソウルフードと言えば、なんとなくたこ焼きや、お好み焼き、串かつを想像しますが、どて焼きもソウルフードなのですね。

グリコから発売されているどて焼き丼を食べてみました。

どて焼き丼

ちなみにWikipedia によりますと、「どて焼き(どてやき)は、牛のスジ肉を味噌やみりんで時間をかけて煮込んだもの。「どて煮」または「どて」ともいう。発祥は愛知県岡崎市、名古屋市、大阪と言われているがはっきりとした根拠や特定できる店などは無い。」と書かれていまして、関西では中々にメジャーな料理のようです。

今回は時間がなかったのでレンチンしてみました。

甘辛い香りが漂ってきて食欲が湧いてきます。

牛スジもおもったよりもしっかり入っています。

食感が素晴らしい!

このグリコのどて焼き丼ですが、食感が素晴らしいです。タケノコのシャッキリとした食感。こんにゃくの歯ごたえ。そしてしっかり煮込まれた牛スジの柔らかい食感が見事にマッチして実に素晴らしい食感と味わいです。

レトルト食品としてはかなりクオリティが高いと思いました。

何より甘辛いタレが実にご飯とマッチします。これまたレンチンで温めたサトウのごはんと実によく合いました。

ごちそうさまでした。

ちなみに「大阪限定」と書いてあります。「どうせネットでも売ってるんだろうなぁ」と思って調べてみたら楽天にもAmazonにもとりあえず売っていなかったです。

大阪に行った時はちょっと買ってみたい一品です。

シェアいただけると励みになります

  • 1
  • 広告掲載・取材依頼
  • 飲食系の在宅ライター募集 未経験・初心者[可]

この記事の執筆者

FOODee編集長 アカヌマカズヤ

FOODee編集長。フードブロガー。
株式会社BNF 代表取締役。
元IT会社の経営者。
熟成寿司専門店 優雅、飲食業界専門のクラウドファンディング Foobee 、FOODee IM